Skip to content

商品詳細

坂本 直行

晩秋の原野と日高山脈遠望

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 作品全体拡大画像

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 サイン・年記(1962年作)拡大画像

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 拡大画像1

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 拡大画像2

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 拡大画像3

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 拡大画像4

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 キャンバス裏側画像

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 作品全体拡大画像

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 サイン・年記(1962年作)拡大画像

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 拡大画像1

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 拡大画像2

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 拡大画像3

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 拡大画像4

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 キャンバス裏側画像

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 作品全体拡大画像

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 サイン・年記(1962年作)拡大画像

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 拡大画像1

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 拡大画像2

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 拡大画像3

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 拡大画像4

坂本直行「晩秋の原野と日高山脈遠望」油絵・F4号 キャンバス裏側画像

作品情報

タイトル
晩秋の原野と日高山脈遠望
作家
坂本 直行(サカモト チョッコウ)

作家情報

 

1906  釧路市生まれ
1928  北海道大学農学部卒
1930  広尾町で牧畜を始める
1936  広尾町で開拓営農
1957  札幌で最初の個展、
    以後札幌と東京で個展
1965  札幌へ転居
1974  北海道文化賞
1982  死去
1992  中札内に坂本直行記念館開館
1998  北海道立帯広美術館の
    「美術北海道20世紀Ⅰ展」に出品
2001  北海道新聞社編の
    「画集北海道の山」に作品掲載



◆坂本直行は坂本龍馬のおいの孫にあたる



■作品収蔵:中札内、六花亭・六花の森に
     「坂本直行記念館」
     帯広百年記念館



画家・随筆家。釧路出身。
札幌二中(現 札幌西高校)を経て、北海道大学農学部を卒業。
一時東京に出たが昭和5年に十勝の広尾で牧畜を始め、11年から同町の原野で開拓生活、35年に離農するまで酪農業を営んだのち札幌に移る。
その体験は随筆や著書「開墾の記」、「雪原の足あと」などに記されている。
登山家としても活躍、その足跡は北海道にとどまらず遠くヒマラヤにも及んでいる。
また身辺の自然や山を描いた絵も多く残されており、力強い線を生かしたスケッチふうの油絵や素描は本人が「素人の手すさびです」と謙遜しながらも、多くのファンを持っている。
児童詩誌「サイロ」の発行元である帯広の菓子店・六花亭とはその表紙のデザインを描いたつながりがあり、没後10年の平成4年、同社は十勝の中札内に「坂本直行記念館」を建設して絵画と資料を常設展示している。昭和49年北海道文化賞受賞。
技法
油絵・キャンバス
詳細サイズ
F4号(縦24.3×横33.4cm)
額縁サイズ
縦41×横50cm
状態
良好
備考
1962年作
価格
売却済み

送料について

日本国内の場合
50,000円(税込)以上で送料無料
海外の場合
別途、送料が発生いたします

ご購入・お問合せについて

別倉庫に保管している作品もある為
実物を店舗でご覧になりたい方は
事前にご連絡いただけるとご用意致します

ご注文方法や送料に関する詳細はこちらからご確認ください

お問合せ