Skip to content

商品詳細

坂 坦道

まごころ

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 作品全体拡大画像

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 サイン拡大画像

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 拡大画像1

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 拡大画像2

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 拡大画像3

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 拡大画像4

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 額縁裏側画像

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 添付資料

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 添付資料拡大画像1

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 添付資料拡大画像2

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 作品全体拡大画像

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 サイン拡大画像

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 拡大画像1

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 拡大画像2

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 拡大画像3

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 拡大画像4

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 額縁裏側画像

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 添付資料

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 添付資料拡大画像1

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 添付資料拡大画像2

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 作品全体拡大画像

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 サイン拡大画像

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 拡大画像1

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 拡大画像2

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 拡大画像3

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 拡大画像4

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 額縁裏側画像

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 添付資料

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 添付資料拡大画像1

坂坦道「まごころ」鋳物レリーフ額装 添付資料拡大画像2

作品情報

タイトル
まごころ
作家
坂 坦道(サカ タンドウ)

作家情報

1920〜1998

本名:青嵐
大正9年石川県内浦町恋路出身
父寛二が没したのち北海道に転居、
東京美術学校彫刻科を卒業。
在学中の18年第6回新文展に初入選。
戦後は日展に出品し、入選を続けたのち、
39年開催の第7回日展(新日展)に「青年像」で特選を受賞。
57年には日彫展で、「酔っぱらい」が西望賞受賞、
同年、札幌市民芸術賞も受賞。

こうした作家活動の一方で、
北海道女子短期大学で長らく教鞭をとり、
文部大臣より短期大学教育功労賞を受けたほか、
平成7年には同短大の名誉教授に就任。
道化師などの特徴的なものを得意としますが、
初期には世相を色濃く反映した人物像も制作しています。
北海道へ渡ったのちも、郷里石川への思いは断ち難く、
「御陣乗太鼓」「かえり舟」など、故郷を彷彿とさせる
作品も作りましたが、その思いを残しながら、
平成10年、77歳で亡くなりました。

現在、坂坦道の彫刻作品は出身地の石川県能登町に寄贈され、
平成21年8月に「坂坦道彫刻作品展示室」が能登町庁舎4階にオープン。

 

詳細2

技法
鋳物レリーフ額装
詳細サイズ
縦17.4×横12cm
額縁サイズ
縦30.5×横25.5cm
状態
良好
備考
-
価格
8,800円(税込)

送料について

日本国内の場合
50,000円(税込)以上で送料無料
海外の場合
別途、送料が発生いたします

ご購入・お問合せについて

別倉庫に保管している作品もある為
実物を店舗でご覧になりたい方は
事前にご連絡いただけるとご用意致します

ご注文方法や送料に関する詳細はこちらからご確認ください

お問合せ