Skip to content

商品詳細

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号 拡大部分1

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号 拡大部分2

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号 サイン部分

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号 額縁裏側部分

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号 芹沢長介識シール部分

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号 拡大部分1

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号 拡大部分2

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号 サイン部分

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号 額縁裏側部分

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号 芹沢長介識シール部分

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号 拡大部分1

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号 拡大部分2

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号 サイン部分

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号 額縁裏側部分

芹沢銈介「南瓜」紙に彩色・F4号 芹沢長介識シール部分

作品情報

タイトル
南瓜
作家
芹沢 銈介(セリザワ ケイスケ)

作家情報

文化功労者・人間国宝

 

1895  5月13日、静岡市に生まれる。
1916  東京高等工業大学(現・東京工業大学)卒業。
1929  国画会展に「紺地蔬菜文壁掛」(杓子菜文)を初出品、
    国画奨学賞受賞。
1939  初の沖縄滞在。紅型の工房に通うとともに、
    沖縄の風物に深い感銘を受ける。
1956  重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。
1967  静岡市名誉市民となる。
1976  文化功労者
    フランス、パリの国立グラン・パレで
    大規模な個展「芹沢銈介展」が開催される。
1981  静岡市立芹沢銈介美術館開館。
1984  4月5日、逝去(享年88歳)


生涯の師である柳宗悦と、沖縄の染物・紅型(びんがた)
に出会ったことを契機に、型染めを中心とした染色の道を
歩み始めます。芹沢には色彩と模様に対する天与の才能があり、
従来の染色の枠組みにとらわれない、新鮮で創意あふれる作品
を次々と制作しました。

 

芹沢は非常に多作で、また染色にとどまらない幅広い仕事を
しましたが、生涯を通じて明快かつ温和な作風を貫いており、
多くの人々に愛好されました。

 

静岡市芹沢銈介美術館⇒http://www.seribi.jp/index.html

技法
紙に彩色
詳細サイズ
F4号(縦24.3×横34.2cm)
額縁サイズ
縦43.5×横52.5cm
状態
ほぼ良好
備考
芹沢長介識シール付(息子・芹沢銈介美術館前館長)
価格
売却済み

送料について

日本国内の場合
50,000円(税込)以上で送料無料
海外の場合
別途、送料が発生いたします

ご購入・お問合せについて

別倉庫に保管している作品もある為
実物を店舗でご覧になりたい方は
事前にご連絡いただけるとご用意致します

ご注文方法や送料に関する詳細はこちらからご確認ください

お問合せ